商品情報はコチラ 別ウィンドウで開きます。

Event Report 東芝 FlashAir 商品体験イベント

マリンダイビングフェア

マリンダイビングフェアで多くのダイビングファンが便利さを実感 無線LAN搭載のSDカード 東芝FlashAirデモ体験は大盛況!

イベント概要

会期:毎年4月開催
会場:池袋サンシャインシティ

撮った写真をすぐに仲間とシェアできる無線LAN機能搭載SDメモリカードFlashAir。東京·池袋のサンシャインシティにて行なわれた「マリンダイビングフェア」の会場内ブースでは、水槽を泳ぐ魚を撮影してデータをシェアするデモ体験を開催。毎年多くの方にFlashAirを体験頂いています。

撮ったらすぐにシェア!
FlashAirでは、新しい写真の
楽しみ方ができる!!

毎年4月、池袋サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO 文化会館C、Dホールで開催される「マリンダイビングフェア」。世界の海のダイビング&旅情報をはじめ、ダイバー注目の最新の水中撮影機材やダイビング器材の情報が集結するこのイベントは、2017年で25回目を迎えました。

広い会場はいくつかのエリアに分かれており、「東芝FlashAir」のブースは「水中デジカメ·ギアメーカーゾーン」で開催し、毎年多くのかたに来場頂いています。
ブース内ではオリンパス様のデジタルカメラを使って、水槽内を泳ぐトロピカルフィッシュを撮影して、画像データをご自身のスマートフォンにダウンロードするデモ体験を開催しました。ご来場頂いた方に撮ってすぐに写真をシェアできるFlashAirの製品機能を体験頂けました。

FlashAirをはじめとした東芝のパーソナルストレージ製品のCMイメージキャラクターを務める有村架純さんのポスターも掲出!

とっても簡単!FlashAirを使った写真シェアを体験!

1.水槽を泳ぐかわいいお魚をデジカメで撮影

ブースの正面に設置されたカクレクマノミやアカネハナゴイ、サザナミヤッコなどダイバーに人気のお魚が泳ぐ大型の水槽。まずはハウジングに入ったカメラを使い、お気に入りの魚を撮影。色とりどりの魚を撮影していると、実際に南の島でダイビングしている気分になれる。

2.撮影データを、スマホでCheck?

撮影の後は、アプリをダウンロードしたスマートフォンの設定からWi-Fi設定を開きONにして、flashairからはじまるSSIDを選択し、パスワード(出荷時は12345678)を入力すれば接続完了。FlashAirの公式アプリを立ち上げれば、画像が一覧表示される。保存したい画像を選んでダウンロードすれば、その場でスマホへ保存されて超便利!

公式アプリ(無料)はこちらからダウンロード

  • Google play
  • Available on the App Store

毎年多くの方にご体験いただいております!

~2015年~

※2015年4月3日~5日開催

~2016年~

※2016年4月1日~3日開催

~2017年~

※2017年4月7日~9日開催

シェアする楽しさを実感できるSDメモリカード
東芝FlashAir

FlashAirの最大のメリットは、スマートフォンやタブレットがあれば簡単に写真をダウンロード&SNSにアップできること。「接続の設定などが面倒なのでは?」と思う人もいるかもしれないが、設定はとても簡単。もちろん画像データだけでなく、動画データにも対応しているので水中で撮影したムービーも転送OK。あなたもFlashAirを使って、ダイビングの感動や旅の思い出を、気軽に仲間とシェアしてみよう!!

1.いつでも簡単に写真をシェアできる

一緒に潜ったダイビングガイドやダイバー仲間との記念写真なども、すぐにシェアできるから、とっても楽しい!

2.最大7台と接続可能

無線LANに接続できる機器なら、スマートフォン、タブレット、パソコンなど最大7台まで接続OK! だからとっても便利。

3.ハウジングの再セッティング不要

デジカメをハウジングに入れたまま撮影データを読み込めるので、カメラを取り出す手間が省け、ダイビングの休憩時間に気軽にデータを送れる。また再セッティングの必要がないから、水没のリスクも少なくて安心。

※ハウジングの種類によっては、撮影データを読み込めない場合があります。

4.離島や船の上など、どこでも使える

3Gや4G通信網やWi-Fiアクセスポイントがない場所でも、データのシェアができる。海外でも使用可能!

※対応している国・地域は下記URLよりご確認ください。
https://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/spec_j.htm別ウィンドウで開きます。

※この記事は、月刊『マリンダイビング』2015年6月号の誌面・マリンダイビングWEBの記事を再構成したものです。

別ウィンドウマークをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

ページトップへ